3足のtrippen。

d0087849_8195539.jpg
我が家にあるtrippenの靴は3足。

服飾の専門学生だった頃、良く代官山のtrippenのお店へ出掛けていました。
当時18歳のわたしは仕送りしてもらっているご身分。あ~いいな。欲しいな。と眺めているだけ。
アルバイト代は授業で使う生地代と洋服代に消えてました。

おしゃれは足元から。

喉から手が出るほどtrippenの靴に憧れていたのだ。

専門学校を卒業してアパレル会社に入社。
仕送り生活卒業。
お給料は家賃とその会社で作る服代で消え、残った僅かなお金は生活費。
でも大好きなブランドで働かせて頂いてたので、そこの服と靴での生活はそれなりに幸せでした。
ある日、実家生活である同期の子がお給料日にtrippenの靴を買ったのだ。
それはもう羨ましくて羨ましくて。
クタクタになっていく経年変化(良い意味)を密かに眺めてはうっとりしていたのだ。

とにかくtrippenはわたしの中で憧れの靴としてキラキラ輝いているので、
勝手にどんどんハードルを上げてしまい、背伸びしないで履ける自分になれたら買おう!
と、心に決めたのだ。

で、記念すべき1足目に足を通すことになったのがフカティカを初めて4年経った頃。
4年程前です。画像の一番右/ALPIN-PUB(アルピン)

18歳だった頃に憧れていたモデルとは全く違うタイプを購入しました。
これも経年変化(笑)

その数年後に盛岡にrasikuさんがオープン。
どうやら初めてお邪魔した日にわたしはアルピンを履いていたようで。
それがrasiku夫妻の目に留まっていたのだ。
なんせ、盛岡にtrippen取り扱い店がなかったから。

さらに後日、別のお店で偶然rasiku夫妻と居合わせ、
「trippen履いてうちのお店にいらしてくれましたよね」と声を掛けて頂いたのだ。

これがrasikuとの出会いです。

後にrasikuにはtrippenが並ぶようになり、画像真ん中が2足目として我が家へやってきた。
一番左は旦那はんのもの。

とにかくrasikuバンザイである。

そんなrasikuで″TRIPPEN 展″が開催されています。
28(土)29(日)は何故かわたしもお手伝いとして立たせて頂きます。
正直、数多い靴の名前など把握できておりませぬ。
ただ、サイズ選びや履き心地などのご相談にはのれると思います。
ご試着のお手伝いとしてお役に立てれば幸いです。

かなりドキドキしておりますが、大好きな靴に囲まれる貴重な二日間を楽しみたいと思います。

rasiku
3月26日(木曜日)TRIPPEN展 スタート
3月27日(金曜日)10:30~19:00  
3月28日(土曜日)10:30~19:00
3月29日(日曜日)10:30~19:00
3月30日(月曜日)10:30~19:00



▼fktkホームページ
http://fukateaka.com

▼fktkONLINE STORE
http://fktk-store.com/
[PR]
by fukateaka | 2015-03-27 09:42 | イベント